営業やラボマネージャーとの打ち合わせは日本語です。また社内には日本語が堪能な人材が豊富におりますので、業務の伝達も日本語で行うことができます。
弊社のオフショア開発事業はラボ型であり、お客様PMにも駐在していただくため指示や対応が通常のオフショアよりスピーディーに行えます。エラーが起きた際にもすぐに対応可能です。
退職率を下げるために社内で様々な施策を行っています。3ヶ月に一度のキックオフ、社員旅行、表彰制度や日本語教室などを中心に、その他様々なイベントを行い、社員の満足度の向上を図っています。
ベトナムではITを国家戦略と位置づけて、工科大学をはじめとする多くの大学でIT教育に力をいれています。また、当社では企業での実務経験がある優秀な人材を優先的に採用しており、お客様に満足いただいております。
中国もオフショア開発では注目されている国かと思いますが、一番の違いは「人」です。ベトナム人はとても親日で人懐っこく、素直な性格だといえます。共に業務をする上でマネジメントがしやすいので効率的に仕事ができる環境です。
時差は日本時間からマイナス2時間です。日本の17:00がベトナムの15:00とあまり時差のない環境での業務ですのでご心配にはおよびません。
当社にも多くの日本語話者、英語話者が在籍しておりますのでご安心ください。 日本語コミュニケーターを通じて、エンジニアとコミュニケーションを取ることでもできます。また、社内において無料の日本語教室を実施しており、日本語力の向上を図っています。